ヤリスクロス 値引き

2020年8月31日に発売されたトヨタのヤリスクロスは、コンパクトSUVとして着実に販売数を伸ばしています。ライバルは日産のキックスやホンダのベゼル、さらにはトヨタのヤリスともいわれいますが、実は主戦場は欧州。フォルクスワーゲンやルノー、プジョーとの競争が激しい。個性的なフォルムとスポーティーさ、それにクラス随一のハイブリッドによる燃費性が加わるとなるとむべなるかなと納得です。圧倒的なて、ヤリスの最も注目株といってよいかと思います。
これだけ人気のヤリスクロスなので、値引きはあまり期待できないかと思ってしまいそうですが、これでは戦う前から負けを認めてしまいます。まずはデータのチェックを。

月間自家用車 4月号によると、昨年2020年12月以降4月まで車両本体目標値引き額は18万円と横ばい状態。値引きの神様 松本隆一氏は、基本5万円だがこのところ緩む傾向が見えてきています。付属品を含めて20万円が目標として妥当の水準です。
となると、問題は交渉方法です。

ヤリスクロス 値引き 交渉

ヤリスクロスの値引き交渉は、最寄りのトヨタだけでなく、その他の近隣の店舗をなん店舗か回って見積もりをもらい競合してもらいましょう。大きな買い物ですからこれは最低限やっておきたいです。同じトヨタの店舗ではありますが、ヤリスクロスを販売するディーラーの立場になって考えたら、自店の新規契約は喉から手が出るほど取りたいですから。目の前の客が、自分のお店だけではなく、他のトヨタ店舗も回ってるとなれば、それだけヤリスクロスを少しでも安く買いたいという真剣さが営業マンに伝わること必至ですから最大限の勉強をしてくれます。

競合、ということでトヨタ以外の競合他社(日産 キックス、ホンダ ヴェゼル、ダイハツ ロッキー、マツダ CX-3)や同じトヨタ同士のライズ、C-HRなどをぶつけるという交渉の仕方もあります。しかし、競合他社をぶつける交渉はディーラーだった私の経験上あまりお勧めできません。競合とはいえ、所詮は別の車だからです。むしろヤリスクロスに決めてないという印象を営業マンに与えてしまって本気度が弱くなってしまいます。それよりも同じトヨタの他の店舗の見積額をぶつけた方が、ディーラーにヤリスクロスの値引額の勉強をさせたいならベストです。

ヤリスクロス 値引き 値引き額

新車のヤリスクロスの値引き交渉の準備が整えばそれで終わり、ではありません。というか、終わってしまってはいけません。
あなたに下取りできる愛車があるなら、見積もりを取る際には、必ず見積もりを2種類作成してもらいましょう。この2種類は

・下取りあり
・下取りなし

の2パターンです。これにより、純粋なヤリスクロスの値引き金額がわかります。

例えば、希望するヤリスクロスの定価が240万(オプション有)として、下取りありで210万、下取りなしで230万だった場合、下取りがあるのとないのとで20万の差額がありますが、これが下取り金額だとわかります。そこから、純粋なヤリスクロスの値引き額は10万円ということもわかります。
これが、下取りありだけの見積もりだとディーラーから「30万安くなりますよ」といわれてたら、実際以上に値引きしてもらったと勘違いしてしまいます。これで満足してはいけません。

ヤリスクロス 値引き 相場

車情報誌や購入者の口コミ情報からヤリスクロスの値引き相場を抑え、トヨタの複数店舗で2種類の合い見積もりしてもらい交渉する。でも、忘れてはいけないのが愛車の本当の価値です。上の例で言うと、下取り金額は20万円ですが、これが相場として妥当なのかどうかは確認しておく必要があります。

ディーラーは中古車販売のプロではないので下取り額が愛車の価値の限界値とは限りません。それに気づかず買いたたかれないためにも愛車の本当の価値を確認する必要があります。
それには、中古車市場で愛車の買取価格の査定をしてもらいましょう。
車買取オークションなら、たった1回の査定で最大数千店舗の競り合いで買取価格が決まるので今の最高価値がわかります。この買取額が下取りよりも高い場合は、無理をして下取りせずオークションで売却する方が結果的に下取りするよりも安い金額でヤリスクロスを購入することができます。

オークションサービスは複数あります。どれを利用するか分らない場合は買取業者の数でランキングしました。あたなの愛車が安く買い叩かれないためにも是非ご利用ください。

1位 SellCa(セルカ)

SellCa(セルカ)の公式サイトはこちら

買取業者=最大6000社

・落札手数料安い
落札額が同じ場合、売った人に還元できる金額が一番高い。

圧倒的な営業力
親会社(ジーライオングループ)の経験、組織力、資金力のお陰で新規買取業者開拓力が圧倒的

SellCa(セルカ)の公式サイトはこちら

2位 ユーカーパック

ユーカーパックの公式サイトはこちら

買取業者=最大5000社

・査定依頼が簡単
簡単入力30秒

手数料が完全無料
代行・売却手数料も掛からず、出品者には<完全無料>のサービス(ユーカーパックは買取業者から手数料をもらう)

ユーカーパックの公式サイトはこちら

3位 楽天Carオークション

楽天Carオークションの公式サイトはこちら

買取業者=2000社以上

・楽天ポイント1000
愛車売却で1000ポイント

最低落札価格が設定できる
独自開発のインターネット・ライブオークションシステムで希望する売りたい最低価格が設定できる。買取業者はそれを踏まえてオークションするから値がせり上がることを期待できる。

楽天Carオークションの公式サイトはこちら

【車買取オークションサービスのメリット】

・オークションで複数の中古車販売店が競り合うから愛車の本当の価値がわかる
・査定はたった1回でOK
・中間マージンをカットしているから、従来の買取よりも高く売れる

愛車の下取りが済んでいるなら楽天Carオークションがおすすめ

オークションのメリットは何となくわかるけど、ちゃんと落札価格が決まるか不安という方には、最低希望落札価格の設定ができる楽天Carオークションがおすすめです。最低落札価格を設定することで、より高い落札価格を競ろうという効果が期待できるからです。(※)

楽天Carのオークションアドバイザーがオークション出店に関するあらゆる疑問に対応してくれます。
※オークション最終価格から成約手数料22,000円(税込)を差し引かれます。

楽天Carオークションの公式サイトはこちらから
  ↓

楽天Carオークション

© 2021 ヤリスクロス 値引き rss